女性の節約には効果的!服飾費のコントロール!

 

女性の節約には効果的!お洋服代!

 

最近、めっきり外に出なくなって圧倒的に買わなくなったものがあります。

それは、お洋服!

この春、服飾費が少なかったですね。

 

もともと洋服を買うことが少ないわたしですが、

服飾費が減ったことでさらに節約効果が高まりました。

 

やはり服飾費を抑えることは、節約に効果がありました。

 

なかば強制的に服飾費を抑える結果になりましたが、良かったと思います。

 

ミニマリストさんをみていると、ほんとうに持っている洋服が少ないんですよね。

でも上手に着まわしている。

クローゼットもすっきりしているし。

それを知ってから、わたしもそれを目指すようになりました。

 

結果、服飾費は減り、クローゼットもずいぶんすっきりしてきました。

 

 

ワードローブの黄金比率 8:2

 

以前も書いたのですが、わたしはこうも決めています。

それは、持っている洋服のブランド比率です。

 

ファストファッション:8割

ブランド品:2割

ブランド品といっても、ハイブランドではありません。

ショッピングモールに入っているような良く見るブランドですね。

 

例えば、

セーターやブラウスなどのシンプルなトップスはそのシーズンに着倒せるようにファストファッションのものを基本的には買っています。

プラスして、アクセントとなるような個性的な柄のスカートなどはブランドものにするようにしています。

 

もちろんトップスを個性的にして、ボトムをシンプルにすることもあります。

ただ、どちらに個性をもたせるかと決めておいたほうが、洋服が増えずにすむと思います。

 

流行りモノを着たいときもあります。

ただ、流行りのデザインなどは数年着る可能性は少ないので、ファストファッションにします。

逆に「数年着れそうだな」と思ったものは少々高くてもブランドものを思い切って買っています。

 

見栄で洋服買ってませんか?

 

以前は、見栄で洋服を買っていた様なところがあります。

「1週間のうち、同じ洋服を着るなんてこと恥ずかしくてできない」と思っていたくらいです。

ファストファッションもだれかと被ったら恥ずかしい……とも思っていました。

 

でも、ふとあるとき思ったのです。

「だれもそんなことを気にしていない」と。

周りの人が昨日どんな洋服を着ていたなんて、覚えてませんよね?笑

 

そう、わたしが洋服欲しいと思っていたのって、

単なる「見栄」だったのです。

 

例えば、こんなことありませんか?

・周りよりお洒落な洋服しか着たくない

・周りがもっていないブランドバックを買うんだ

・だれもがうらやましいと思う車を持ちたい

 

「見栄」って、お金の大敵!

 

大切なのは、自分が満足するかどうか。

「周りよりも~~~」とモノを買っているといくらお金があっても足らなくなりますよね。

 

周りと比べて洋服を選ぶよりも、

自分がほんとうに好きで心地よい洋服を買う。

大好きな洋服だけでできた自分だけのワードローブなら、

とっても幸せですよね。

 

それにおしゃれって、お金じゃないと思うから。

 

わたしもようやく最近そのことに気付いて、今わたしだけのワードローブを作っている最中です。

お金はかからないけど、楽しくてワクワクします。

 

そして、突き詰めた結果、

持っている洋服のブランド比率、

ファストファッション:8割

ブランド品:2割

これが心地よいと行き着きました。

(ブランドものばかりではお金がキツいし、

ファストファッションばかりも芸がないので・・・)

 

見栄ではなく、自分の好きな洋服たちと毎日過ごす。

ミニマルな生活に取り入れたいですよね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました