【投資初心者】投資をはじめる前に読んでおきたい本 3選

 

お金についてのキホンを教えてくれる本 3冊

 

わたしは、副業時代~フリーランス時代を含めて、

ライターをやっていました。

職業柄、たくさんの本を読んできました。

 

自分でもお金を出して買いましたし、

毎週、図書館に通っていました。

 

とくに、「お金に関する本」がとても好きでした。

(いまでもです)

 

その中でも、お金についてこれから勉強しようと思っている向けの本をご紹介しますね。

 

この3冊は、わたし自身一度だけではなく、何度も読み返した本です。

 

 

① 一生お金に困らない生き方

 

こちらはお金自身の話というよりも、お金に向き合うココロについて書かれています。

 

わたし自身、最近になってわかったのですが、「お金」を受け取るには「自尊心」が必要だということ。

自尊心とは、自分を肯定し尊いと思う気持ちです。

お金と自尊心って密接に関係しているのです。

 

この自尊心が低いままでは、がんばってもお金は入ってこない。

もし入ってきたとしても、すぐなくなってしまいます。

 

「お給料をあげたい、副業をしたい……」その前に、自尊心をあげることをオススメします。

そうしたほうが、成果が出やすいと思います。

 

この本は、わたし自身、「自分の自尊心がさがっているな……」と思ったときに読み返すようにしています。

 

↓コチラから

 

 

② バビロンの大富豪

 

4000年前から伝わる、お金持ちになる「原理原則」について書かれています。

お金持ちを目指すわけでなくても、必要なお金についての基礎的な知識が得られます。

 

例えば、月収の1割を貯蓄すれば、徐々にでも資産ができていくなどがあります。

お金持ちになるには、特別なことをしなければいけないと思いがちですが、その原則はとてもシンプル。

お金に対して基本に立ち戻って改めて学べる1冊です。

手元において置いて、「最近貯蓄ができていない……」なんて思い始めたら、読み返すのが良いですね。

 

↓コチラから

 

② 金持ち父さん キャッシュフロークワドラント

 

金持ち父さんシリーズですね。

『金持ち父さん、貧乏父さん』が一番有名ですが、

わたし的には『キャッシュフロー・クワドラント』が一番わかりやすいです。

 

「なぜ、資産家になったほうがいいのか?」がこれを読むとわかるのです。

世の中には、資産家・ビジネスオーナー・自営業・従業員と4つのクワドラントがある。

経済的自由を手に入れるためには資産家を目指す必要があるというお話。

 

なんとなく資産運用したいと思っている方は、あたらめて「資産家になぜなるのか?」が明確になると思います。

 

↓コチラから

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました