配当金が超少ない……意味あるの?

 

少額投資に意味はあるか?

 

投資をはじめて少したったとき、こんな風に思うことがありました。

 

「配当金、少ない……」

「支出を切り詰めて、これだけしか増えないの?」

「少額投資なんて意味ないって言われたけど……」

 

つまり、「少額投資に意味ってあるの?」ということですね。

 

たぶん、多額の貯金があって投資をはじめたという人は別として、多くの人はそう思うような気がします。

わたしもかなり長い時間思い続けていました。

 

でも、わたしが今の時点での結論はこうです。

 

「少額投資でも、じゅうぶん意味はある」と。

 

少額投資に意味はある! その理由3つ

① 投資に慣れる

② 大きく負けない方法を身につける

③ 総合的な金融リテラシーを身につける

 

①投資に慣れる

 

投資って、やっぱり体験してみないとわからないんですよね。

色んな情報があって、良い方法もたくさん発信されている。

でも、頭で考えていても、実際にやってみないと机上の空論になりがち。

毎月これくらい投資するとか、今は投資じゃなくて貯金にしようとか。

そういった感覚をいち早く身につけるためにも少額しかできないときからはじめたいものです。

 

②大きく負けない方法を身につける

 

わたしたちのような会社員ってそう簡単に大金は手に入らない。

だからこそ、大きく負けないように投資するって大事だと思うんですよね。

 

退職金が手に入って、今までやったことにない投資に手を出して大損するって良く聞きますよね。

少額からコツコツ経験してきた人って、こういうことにはならないと思うんです。

大きく負けない投資をするためにも、少額からでもいいからはじめるのが大切です。

 

③総合的な金融リテラシーを身につける

 

投資って、実際に投資するお金についてじゃなくって、稼ぐお金や日々の生活の支出などと密接に関係がありますよね。

そういった金融リテラシーを身につけることも大切。

投資をはじめると、そういった総合的な知識を得ようと学びはじめるんですよね。

結果、「豊かさ」を手に入れることが出来る。

学ぶという意味において、少額投資だってじゅうぶん意味があります。

 

 

まとめ

わたしは、迷わず、気にせずに少額投資をコツコツ続けていったほうが良いと思っています。

ときに、周りから「少額の投資なんて意味はない」と言われることがあります。

確かに、リターンは少ないかもしれません。

だけど、金額は少なくてもわたしは10年間投資をやってきて、後悔はしていません。

さらに途中でやめなくてよかったと思っています。

だから、もし「少額投資なんて意味がないのかも……」と揺れている方。

今やめずに、コツコツ続けていって欲しいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました