「責任を取る」と決めるとお金がやってくる!

最終更新日:2020年3月26日

 

「収入」=「責任」の法則とは?

 

「収入は、責任に比例する」ということを知っていますでしょうか?

 

一般的に収入は責任を取る立場のある人の方がお給料が高いのです。

(一部の働かない、責任を取らない課長とかは除いて。。)

 

責任を取ることが怖くて責任のある仕事から逃げている限り、お給料はあがらないということになります。

 

わたしは会社員という立場でありながら、年収120万円を一気にアップした経験があります。

要因として、スキルアップや転職など色々とありますが、それ以上にマインドを変えたということが大きいと重います。

仕事やわたし自身の人生のすべてに対して責任を取ると覚悟を決めたとき、わたしは一気に収入アップしたのです。

 

責任取るなんて恐ろしい……?

 

「責任」

 

この言葉を聞いて、どう思いましたか?

なんだか重い気分になりましたでしょうか?

実際にわくわくと楽しく感じる人の方がまれだと思います。

 

もちろんわたしもそうでした。いえ、今でも覚悟は決めているといいながらびくびくするときもあります。

ですが以前は、もっと怖かったし、「責任を取る」ことをなによりも避けていました

 

だって、怖いじゃないですか。

なんかあったら、自分のせいになると思ったら……そんなの嫌ですもんね。

「責任を取る」という言葉って、ほんとうに怖い。。

 

しかし、あるときメンターからこんな教えをいただきました。

「責任を取る」ということを決めて、行動しないと、人もお金も寄って来ないと。

 

過去のわたしを振り返ってみると、思い当たることばかりです。

仕事でいうと、「責任を取る」のが怖いから、簡単で無難な仕事ばかりする。

難しい仕事を任せてもらえそうになっても、断ってしまう。

 

簡単で無難な仕事って、要するに誰でも出来る仕事ということ。

それでは、やはりお給料アップは望めないのです。

だって、変わりはたくさんいるから、会社が高いお給料を払う必要がないのです。

 

責任という重圧がある中でやる仕事、

誰でもできる仕事ではないからお給料が上がるんですよね。

 

「責任」を背負った人は、お給料が高いんですよね。

例えば、仕事をしていないような社長でも、会社になにかあったら全責任は社長です。

だから、給料が高い。

 

わたしの収入があがらないのは「責任を取る」のが怖くて、無難な立場に収まっていたからだと思い知りました。

 

周りにも責任を取ることを避けている同僚っていませんか?

そういう人って、評価されていませんよね。

評価されないということは、お給料も上がらないです。

 

収入アップを叶えるためには、「責任を取る」覚悟が不可欠。

わたしは「責任を取る」と決めて、仕事のレベルを上げたことによって年収120万円アップを実現しました。

すごく怖かったけど、飛び込んだからこそ新しい世界への扉を開きました。

 

責任は、怖いことばかりじゃない

 

「責任を取る」といったら、怖いイメージばかりが付きまといます。

・失敗した仕事の責任を取って会社を辞めるとか

・左遷されるとか

そういうケースもあるかと思います。

 

でにもしそうなったとしても、自分の人生に責任を持つと決めていれば、どんなことがあっても乗り越えられるとわたしは思います。

自分の人生への責任ですね。

自分の人生を自分自身があきらめずに見捨てないと責任を取ると決める。

そう覚悟を決めていると這い上がれますから。

わたしもフリーランスで仕事をしていたとき仕事も貯金もなくなったところから復活しましたから。

 

それに、実際はピンチのときに助けてくれる人もたくさんいる。

とくに会社員なら、チームですから「助けて」といえば助けてくれるのです。

助けられたことで、人への感謝の気持ちも湧いてきます。

 

責任を取ると決めたことによって、得られる気持ち。

 

大切なのは、自分で「責任を取る」とまずは決めて腹をくくること。

どんな困難があっても、最後まで全力を尽くすと決めること。

 

「責任を取ること」からもし逃げているとしたら、それはもったいないことだと思います。

覚悟を決めたそのときから、見たことのない景色を見ることができます。

わたしの体験から、そう強く感じています。

 

そして覚悟を決めた瞬間、新しい世界への道が開けるかもしれません。

普通のわたしができたのですから、きっとあなたも。